【司法書士受験生必見】司法書士って儲かるの?

こんにちは、職業はほぼ司法書士のかなちゃんです。(副業でヨガインストラクター週に1回、知人の会社の臨時の助っ人、その他もろもろ声をかけられれば手伝ってます。)本業は司法書士です。
司法書士、とネットで検索すると出てくるワードは、そう、「年収」です。
一生懸命勉強して、司法書士になっても儲かるか?、、気になりますよね。
現役司法書士のかなちゃんがお答えします。

1、勤務司法書士の場合

まず、事務所のボスに司法書士として雇われる場合、ぶっちゃけ儲かりません。修行の場とおもって割り切って数年間務めるか、居心地のいい事務所を探して細く長く働きましょう。

①月給、年収

基本最初は月給20~35万円の間で収まると思います。年収は250~500万円くらい?
難しい資格取ったのに思ったより少ないと思いますか?充分ですか?
基本的に司法書士業は個人事業なので、給料もボスの思いのままです。
上がるも下がるもボス次第。
ボスがいい人だと800万円くらいまで給料あげてくれるところもあるみたいですが、400万円くらいから上がらないところもいっぱいあると思います。
残業代出る出ないもボスの気持ち次第。法令順守意識の高い人はちゃんとくれますので選びましょう。

②待遇・福利厚生

これは事務所によってかなり違います。何度も言いますが司法書士は個人事業がほとんどなのでボスの気持ち次第です。
・勤務時間
 9時から18時がほとんどの事務所の営業時間です。
 終電まで働くところ、17時、18時に終わるところまちまちです
・休み
 休みは暦どおりの土日祝日休み。お盆は法務局・銀行が営業しているので開けてるところが多いです。
 夏休みは2~7日くらい。事務所内で被らないようにばらばらに取る事務所が多いです。
・福利厚生
 大きくても数十人~数百人単位の事務所しかないので福利厚生も零細・中小企業並みです。
 福利厚生システムに加入してたり、健康診断受けれたり、まあよくてそんなもんです。
 個人事務所だと、1食何万もするいいレストランでごちそうしてくれたり、高級旅館に泊まれたり、ボスがそういうこと好きな場合はおこぼれあります。
 今日仕事無いから早く帰っていいよーとか、暇だから買い物行ってもいいよーとか、言ってくれる事務所もありますが暇でも付き合い残業する事務所もあります。
もし独立するつもりがなくて、事務所に勤め続けたい場合は、ボス・事務所のスタッフとの相性がとても大切です。
天国と地獄くらい違うので、面接で見極めるのが大切。これはまた書きますね。

③就職できるか

東京・大阪・名古屋などの都市圏であれば就職には困りません。
私は合格したものの就職できなかった、という資格者の話を聞いたことがありません。
10年以上専業主婦の方、40代後半で異業種で働いていた方、30代で正社員としての職歴がない方、
みなさん就職されていきました。(東京圏の話です。)ただ、地方で合格して、就職がなくて東京に出てきたって人はいました。
司法書士は合格者の人数を絞っているし、資格がないとできない業務も多いので、しばらく都会での就職には困らないと思います。
ちなみに、初めの事務所を辞めた後も就職先はすぐに見つかります。1年の間に3つくらい事務所変えた人も知ってます。合わなかったら無理せず辞めるのも賢い生き方です。

2、独立司法書士の場合

「司法書士 開業」とネットで検索すると「失敗」「厳しい」とついてきます。
私は資格をとって6年目くらいですが、同期の半分以上が独立開業しています。
で、独立して食べていけるのか、気になるところと思いますので具体的なシュミレーションをしたいと思います。

①司法書士の報酬

司法書士の報酬は1件1~15万円くらいです。(複雑だったり、金額が大きいものだともう少し高くなります。~200万くらいまでですが100万越えることはめったにないです。30万くらいなら都会ならままある。)
たとえば、1日1件報酬5万円の案件があれば、20日営業で1か月100万円になります。
これくらいの量だったら一人でこなせます。し、作業量も少ないので結構暇だと思います。

②司法書士の必要経費

司法書士の必要経費といえば、事務所賃貸料、消耗品代、車代、交通費、月の司法書士会の会費2~3万円くらいなので、最初は自宅で開業するとしたら、普通に暮らす分+10万円あれば大丈夫じゃないでしょうか?
よって継続的に仕事がもらえれば充分食べていける資格であるといえます。
継続的に仕事をもらうためには、色々工夫がいると思いますが。
周りの開業している司法書士の収入について具体的な額は聞いたことないですが、 2人以上正社員で雇っているような司法書士は報酬売上が4000万円はあると思います。そこから給料とか税金とか、必要経費を引いて、自分で使えるお金が残る、という感じでしょうね。
一人でやっている人は報酬売上2000万くらいが限界かなと思います。
※一般的な司法書士の仕事の場合で、渉外(国際法務)とかだと1人でももうちょっといけるかも。
※完全に私の予想なので正確ではない可能性があります。

3、私の場合

私は上記1、2、の掛け合わせです。ボスに月給をもらいながら自分でも仕事を受けてその報酬を自分の懐にいれています。
今月の収入は
・月給額面30万(ボスからのお給料)
・自己受託案件の報酬 約60万
という感じです。
20代女性としてはいい月収ではないでしょうか?ちなみに残業はしてません。18時退社です。
司法書士って儲かるの?
→うまくお客さんがつかめれば、比較的儲かる、といえるのではないでしょうか。
それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です